TOPへ戻る

最新動向

民泊物件専門の物件退去サービス

 民泊運用代行サービスを運営するスイッチエンターエイメント株式会社(東京都新宿区)では、民泊を運営していた部屋から家具などの撤去を行うサービス『撤退太郎』を提供しています。2月27日のサービス開始から、いままでに無い新たなビジネスとして注目されています。

※『撤退太郎』 http://tettai-taro.biz/
 様々な事情で民泊物件を退去せざるを得なくなってしまった際、室内にある全ての家具や家電を処理しなければならず、その処理に高額な費用が発生することがあります。また、ホスト自身が退去処理を行う場合でも、その作業のために休日を費やしたり、既に予約しているゲストのキャンセル対応をするなど、手間が掛かる作業も多くなっています。 『撤退太郎』は、時間の確保が難しい個人ホストや、退去に掛かる人員調達の難しい代行業者を対象に、民泊物件の退去を格安で、且つ作業1日という迅速な対応をしています。
 価格は30㎡の物件までは3万円、31㎡~40㎡までは4万円など、廃棄物処理業者に依頼する場合と比較して安い金額になっています。 現在の対応エリアは東京23区近郊と神奈川北部エリアですが、順次対応エリアを拡大していく予定とのことです。
 2016年11月時点の国内民泊数は40,000件を超えましたが、一方で撤退するホストも増えてきています。その為、上記のようなサービスを求めるホストは多くなってくると予測しています。

 

 弊社でも民泊の撤退を検討している方から、多くのお問い合わせを頂いております。代行業者に委託しているが収益が出ないため、撤退を検討しているホストから相談を受け、弊社で引き継いでから収益を改善して継続している事例もあります。また、近隣のクレームや部屋の清掃・ゲスト対応などに手が回らず、撤退を考えていたホストから相談を受け、弊社が代行を請け負うことで撤退を免れたケースも有ります。その他、様々な状況に応じたご提案・改善をしてきた実績がありますので、撤退をお考えの方だけでなく運営に関してお困りの場合は、是非お気軽に弊社までご相談くださいませ。